PR 邦楽(男性)

【伊藤銀次】懐かしの名曲・思い出の1曲を追憶

2023-11-01

jikenboAvatar524 trim min
りん
「伊藤銀次」は、1976年に「大瀧詠一」「山下達郎」と『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』を発表しているんだよ
懐かしいね~!デビュー当時の「佐野元春」のプロデュースを担当していたんだよね
jikenboAvatar521 trim min
ハナ
jikenboAvatar519 trim min
ナナ
その後も「歌手」「ギタリスト」「作曲家」「アレンジャー」「音楽プロデューサー」として多彩な音楽活動を続けているんだって
フジテレビ系列『笑っていいとも!』『笑っていいとも!特大号』のテーマソング『ウキウキWatching』も彼の作品みたい
jikenboAvatar517 trim min
チョコ
jikenboAvatar514 trim min
ココア
1989年2月~1990年3月には「イカ天」で審査員も務めたらしいね
「イカ天」というのは、TBSで放送された深夜番組『平成名物TV』の1コーナー『三宅裕司のいかすバンド天国』のことで、伝説の「音楽・オーディション番組」と呼ばれているんだよ
jikenboAvatar513 trim min
うに
jikenboAvatar511 trim min
モカ
それじゃあ、さっそく「伊藤銀次」の「懐かしの名曲」を聴いてみましょうか!
【楽曲名】からのリンクは、特段の表記がない限り「YouTube」にリンクされているので、お好きな動画をご覧になって下さいね
jikenboAvatar515 trim min
マロン

この記事を読んでほしい人

  • このアーティストの佳曲・名曲が聴きたい人
  • このアーティストの楽曲のチャート順位が気になる人
  • このアーティストが好きな「大ファン」の人
  • このアーティストの曲のタイアップが知りたい人
  • このアーティストの楽曲やその時代に懐かしい思い出がある人
思い出の曲を聴いてみよう! gifbanner?sid=3571804&pid=886949248【レコチョク】 track?id=2057&type=classic&u=aeddd532 68f5 4fbc abab c7fcdec3f417 公式サイトはこちら

【関連記事】

【大瀧詠一】懐かしの名曲・思い出の1曲を追憶

【佐野元春】懐かしの名曲・思い出の1曲を追憶

【山下達郎】懐かしの名曲・思い出の1曲を追憶

【杉真理】懐かしの名曲・思い出の1曲を追憶

【竹内まりや】懐かしの名曲・思い出の1曲を追憶

【伊藤銀次】ピックアップ

1990年リリース

kyuka ginji ito 1990 min

jikenboAvatar520 trim min
チャコ
「ベスト・オブ・ベスト」は、デビューから1989年までの、代表的なシングル曲やアルバム曲を収録したベスト盤なんだって
初期のロック・サウンドや、「NIAGARA TRIANGLE」とのコラボレーション作品など、音楽的な多彩さを感じることができるみたいだね
jikenboAvatar518 trim min
あずき
jikenboAvatar516 trim min
みかん
「全16曲」中、12曲がシングル曲で、残りの4曲はアルバムからの選曲だそうで、代表曲「BABY BLUE」や「雨のステラ」、「真冬のコパトーン」などが収められているらしいよ

アルバム『ベスト・オブ・ベスト』

1stベストアルバム
1990年7月25日リリース

1【BABY BLUE】

2【雨のステラ】

3【いつでもここにいる】

4【TAPPIN’ and CLAPPIN’】

5【ちがうんだよ】

6【トワイライト・シンフォニー】

7【SHADE OF SUMMER】

8【夜を駆けぬけて】

9【泣きやまないでLOVE AGAIN】

10【CONGRATULATIONS】

11【SKYLIGHTにポプラの枯葉】

12【HANG ON TO YOUR DREAM】

13【DEAR YESTERDAY】

14【そして誰のせいでもない】

15【あの娘のビッグ・ウェンズデー】

16【真冬のコパトーン】

2012年リリース

kyuka ginji ito 2012 min

sanpoAvatar605 trim min
メル
「GOLDEN☆BEST ~40th Anniversary Edition~」は、プロ・デビュー40周年記念の2枚組オールタイム・ベストアルバムなんだって
レーベルを超えて選曲された「全37曲」が収録されているし、新録作品も2曲含まれていて、全曲最新リマスター音源を使用しているらしい
sanpoAvatar601 trim min
ラテ
tanteinikkiAvatar006 trim01 min
マロン
彼の代表曲や、「NIAGARA TRIANGLE」とのコラボレーション作品など、音楽的な足跡をたどることができるアルバムになっているみたいだよ

アルバム『GOLDEN☆BEST 伊藤銀次~40th Anniversary Edition~』

2ndベストアルバム
2012年12月12日リリース

Disc.1

1【幸せにさよなら(Album Version)】
「幸せにさよなら/ナイアガラ・トライアングル(大滝詠一、山下達郎、伊藤銀次)」(1976年)のセルフカバー

2【風になれるなら(Album Version)】

3【こぬか雨】
「こぬか雨/シュガー・ベイブ」(1975年)のセルフカバー

4【BABY BLUE】

5【雨のステラ】

6【SHADE OF SUMMER】

7【まっ赤なビキニのサンタクロース】

8【恋のリーズン】

9【Night Pretenders】

10【Dear Yesterday】

11【トワイライト・シンフォニー】

12【泣きやまないで、Love Again】

13【ディズニー・ガール】

14【パパラプドゥ・ピピラプドゥ】

15【あの娘のビッグ・ウェンズデー】

16【雪は空から降ってくる】

17【白い恋人たち(SPRING MIX)】

18【彼女のミステイク】

19【夜を駆けぬけて】

Disc.2

1【フラワーズ・イン・ザ・レイン ~心わけあいたいエンジェル~】

2【7月のオーロラ】

3【Destination】

4【グラストゥリーの夜】

5【Whisper of a Scream】

6【Sunflower】

7【Precious Time ~走り続けるFREEDOM TRAIN~】

8【ロックスターの悲劇 -I’m A Rock’n’roll Star-】

9【Monday Monday】

10【僕達のSummer Days】

11【普通の男】

12【Dream Time】

13【涙の理由を】

14【今でも君を忘れない】

15【東京マルディグラ】

16【留子ちゃんたら】
「留子ちゃんたら/ごまのはえ」(1972年)のセルフカバー

17【Crying All Night Long】

18【ウキウキWATCHING】
『森田一義アワー 笑っていいとも!』オープニング
「ウキウキWATCHING/いいとも青年隊」(1982年)のセルフカバー

2017年リリース

kyuka ginji ito 2017 min

kyujitsuAvatar903 trim min
いくら
「POP FILE 1972-2017」は、プロ・デビュー45周年を記念して制作された4枚組の「ベストアルバム」なんだよ
本人の監修による「全69曲」を収録した「ボックスセット」で、彼のファンにとっては、貴重な音源が多数収録されていることも魅力的
jikenboAvatar530 trim min
キウイ
kyujitsuAvatar906 trim min
とろ
「ソロ名義のシングル楽曲」だけでなく、「作詞」「作曲」「編曲」「プロデュース」「演奏した楽曲」など、音楽的なすべての仕事をたどることができるんだって

アルバム『POP FILE 1972-2017』

3rdベストアルバム(ボックスセット)
2017年11月21日リリース

kyujitsuAvatar902 trim min
抹茶
「Disc.1」は、初のオール・シングル・コレクションとして、12インチを除く「ソロでのシングル楽曲」を、全てシングル・バージョンで収録しているんだよ

Disc.1(ALL SINGLE COLLECTION)

1【風になれるなら(Single Version)】

2【デッドリイ・ドライブ(Single Version)】

3【雨のステラ】

4【まっ赤なビキニのサンタクロース】

5【恋のリーズン】

6【泣きやまないで、LOVE AGAIN】

7【あの娘のビッグ・ウェンズデー】

8【彼女のミステイク】

9【夜を駆けぬけて(Single Mix)】

10【フラワーズ・イン・ザ・レイン ~心わけあいたいエンジェル~】

11【7月のオーロラ】

12【IMAGINE】

13【グラストゥリーの夜(GLASS TREE NIGHTS)】

14【ロックスターの悲劇 –I'm A Rock'n roll Star–】

15【Monday Monday】

16【僕達のSummer Days】

17【涙の理由を】

18【涙の理由を('94 Mix)】

jikenboAvatar508 trim min
さんた
「Disc.2」は、ギタリストとして初のレコーディング参加となった1972年の加川良「親愛なるQに捧ぐ」から、沢田研二のアレンジを任されるまでの「最初の10年間」の記念碑的な楽曲を収録しているよ

Disc.2(GINJI WORKS 1972-1981)

1【親愛なるQに捧ぐ/加川良】

2【留子ちゃんたら/ごまのはえ】

3【台風13号(Single Version)/布谷文夫】
「台風13号/布谷文夫&ココナツ・バンク」(1973年)

4【I SHALL BE RELEASED/岡林信康】

5【DOWN TOWN/シュガー・ベイブ】
「シュガー・ベイブ」1stシングル
1975年4月25日リリース

6【でい どりーむ/風】

7【個人的メッセージ/GARO】

8【幸せにさよなら(Single Version)/ナイアガラ・トライアングル 山下達郎 伊藤銀次 大滝詠一】
「ナイアガラ・トライアングル(大滝詠一、山下達郎、伊藤銀次)」1stシングル
1976年4月1日リリース

9【'Cause We've been together/りりィ】

10【クリスタル・ホテル/やまがたすみこ】

11【Teenage Girl/クールス・ロカビリー・クラブ】

12【マリー/花伸】

13【ガラスのジェネレーション/佐野元春】
「佐野元春」2ndシングル
1980年10月21日リリース

14【–CUPID–/松原みき】

15【いたいけな夏/ビートたけし】

16【SO YOUNG/山下久美子】

17【ス・ト・リ・ッ・パ・ー/沢田研二】
「沢田研二」34thシングル
1981年9月21日リリース
週刊6位(オリコン)
1981年度年間74位(オリコン)
1982年度年間84位(オリコン)
最高位2位(ザ・ベストテン)
1981年年間順位31位(ザ・ベストテン)
最高位2位(ザ・トップテン)
1981年年間17位(ザ・トップテン)
第23回日本レコード大賞・金賞
第12回日本歌謡大賞・放送音楽賞

jikenboAvatar504 trim min
もも
「Disc.3」は、「アン・ルイス」最大のヒット曲「ラ・セゾン」の編曲から、「コンポーザー」としても充実期を迎え、その後は「プロデューサー」として活躍するに至る、1982年から約20年の軌跡を収録したんだって

Disc.3(GINJI WORKS 1982-2000)

1【ラ・セゾン/アン・ルイス】
「アン・ルイス」20thシングル
1982年6月5日リリース
週間3位(オリコン)
1982年度年間29位(オリコン)
最高位3位(ザ・ベストテン)
1982年年間28位(ザ・ベストテン)

2【愛のセレナーデ/フランク永井】

3【魔法をかけて/原田知世】

4【ブロークン・ジェネレイション(Broken Generation)/伊藤さやか】

5【GOOD TIME JIVE/憂歌団】

6【こぬか雨/EPO】
「こぬか雨/シュガー・ベイブ」(1975年)のカバー

7【サイレントムーンにつつまれて/吉川晃司】

8【シンデレラ・スターライト/早見優】

9【Rainbow signal/ハイ・ファイ・セット】

10【ハートのIgnition/福永恵規】
「福永恵規」2ndシングル
1986年10月1日リリース
週間2位(オリコン)
フジテレビ系ドラマ『スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇』主題歌

11【セミ・スィート・ショック/相楽晴子】

12【In The Moon Light/須藤薫】

13【情熱/井出泰彰】

14【大阪ストラット(フルサイズ・アルバム・バージョン)/ウルフルズ】
「ウルフルズ」7thシングル
1995年5月21日リリース

15【涙のレインボーアイズ/ザ・コレクターズ】

16【おもひで!おもひで!!/七尾旅人】

17【あくび/Whiteberry】
「Whiteberry」4thシングル
2000年11月8日リリース
週間29位(オリコン)
「AKUBI/Whiteberry」(1999年)のリアレンジ

jikenboAvatar502 trim min
そら
「Disc.4」は、「ライブ音源」や「貴重な音源」が目白押しな「レア・トラック集」になっているみたいだよ

Disc.4(GINJI LIVE & RARE TRACKS)

1【夜を駆け抜けて/佐野元春 with THE HEARTLAND feat. 伊藤銀次】
「夜を駆け抜けて/伊藤銀次」(1985年)のセルフカバー

2【Night Pretenders】

3【真っ赤なビキニのサンタクロース】

4【あの娘のビッグ・ウェンズデー】

5【愛をあきらめないで】

6【いちご色の窓 -Strawberry Windowpane-】

7【Monday Monday】

8【想い出は止まらない】

9【普通の男】

10【Dream Time】

11【涙の理由を】

12【しゃべりたいな】

13【天気予報図】

14【ウキウキWATCHING/伊藤銀次、杉真理、村田和人】
『森田一義アワー 笑っていいとも!』オープニング
「ウキウキWATCHING/いいとも青年隊」(1982年)のセルフカバー

15【幸せにさよなら/伊藤銀次、杉真理、村田和人】
「幸せにさよなら/ナイアガラ・トライアングル(大滝詠一、山下達郎、伊藤銀次)」(1976年)のセルフカバー

16【ほこりだらけのクリスマス・ツリー】

17【こぬか雨(Fussa Demo)/ココナツ・バンク】
「こぬか雨/シュガー・ベイブ」(1975年)のプリ・バージョン

なつかしい思い出の曲を楽しもう!

おススメの音楽配信サイトなど

レコチョク

gifbanner?sid=3571804&pid=886949241

「レコチョク」は、音楽会社各社が参画する「ダウンロード購入」タイプの音楽配信サービスで、そのため幅広いジャンルにわたってラインナップが豊富であることや、「ハイレゾ配信」も行っており、「ストリーミング(サブスクリプション)」タイプや「CD/DVD」などよりも、「高音質」で聴くこともできます。

「ダウンロード」による「デジタルデータの購入」なので、楽曲のデータを消去してしまわない限りは、人気の「サブスクリプション」(定額料金で多数の楽曲が聴き放題になる)タイプのように、音楽配信が停止になって、いつのまにか聴きたい曲が「聞けなくなってしまう」ようなことがないのがいいところですね!

「自分の好きなアーティストの曲だけをたのしみたい人」「月額料金をずっと取られ続けるのが嫌な人」「聴きたい曲が決まっている人」「曲ごとやアルバムごとにお金を払う、ダウンロードタイプの音楽配信サービスがいい人」「全体の出費を抑えながら音楽を楽しみたい人」「曲のラインナップは豊富な方がいい人」にはおススメ!

track?id=2059&type=ranking&u=7c9c0cb2 0721 420c 9e17 884c03e52c75

⇒ 音楽ダウンロードならムダな料金がかからない! gifbanner?sid=3571804&pid=886949248【レコチョク】 track?id=2057&type=classic&u=20b80066 7d1c 4164 b513 13808a1355f0

music.jp

music.jpt356695C

「music.jp」は「音楽配信」だけでなく、「動画配信」と「電子書籍」も一緒に楽しめるサービスで、「動画配信」の作品数は国内最大級の18万本以上と充実しており、満足いくラインナップです。

他のVODなどと違うのは、音楽と書籍は「購入」、動画は「レンタル」となり、月額料金を「ポイント」に変えて、デジタル作品を通常よりも安く「購入」「レンタル」することができるというところ。

月々もらえるポイントを全部使ってしまえばそれ以上は「課金」になり、「定額で見放題」などではないですが、「ポイント」は多めにもらえますし、「音楽作品」「映像作品」「電子書籍」を一緒に楽しめるのは、「映像作品とテーマソングや原作をリンクして楽しみたい人」には大きなメリットと言えるでしょう。

track?id=2065&type=ranking&u=cf43de0c 65c2 4b87 abb5 eb390e380c3e

Tower Records

gifbanner?sid=3571804&pid=886946419

「Tower Records(タワーレコード)」は、アメリカ生まれの大手CDショップチェーンで、日本でもレコード全盛の時代から「NO MUSIC, NO LIFE.」のキャッチコピーで知られ、音楽の購入方法がダウンロードやストリーミングなどに中心が移ってしまった今でも、音楽の実店舗としては「No.1」であり、現在も「CD」「DVD」「書籍」などを販売していて、コアなファンも多くいます。

「Rock」「Pops」は言うに及ばず、「Classic」「Jazz」「Fusion」など幅広いジャンルにわたって品ぞろえは豊富で、さまざまな「音楽情報」「タワーレコード限定商品」「オンラインショップ限定特典」などもあり、「CD」「DVD」や「音楽系の書籍」「グッズ」などをよく買う方にとっては、魅力的な専門的なショップです。

「昔ながらのレコードやCDを買いたいという音楽ファンの人」「CDやDVD・ブルーレイなどで音楽を聴きたい人」「レコードやCDでの音質にこだわる人」「タワーレコード限定グッズやオンライン限定特典に魅力を感じる人」「インターネットに詳しくはないが音楽好きな人」「ジャケットを見ないと音楽を聴いた気にならない人」などには非常におススメ!

track?id=2069&type=ranking&u=5b760d6a bf37 443e 893f b0099464eb80

コロムビアミュージックショップ

gifbanner?sid=3571804&pid=887334732

「コロムビアミュージックショップ」は、日本有数の老舗レコード会社である「日本コロムビア」の公式通販サイトで、「演歌」「歌謡曲」から「J-POP」「ロック」「クラシック」「ジャズ」「アニメ」「特撮もの」や「キッズ」「ファミリー」など、幅広い「年代」「ジャンル」にわたる「音楽に関わる商品」を販売しています。

歴代の人気アーティストの作品を取り揃えており、市販されている「CD」や「DVD」「Blu-ray」をはじめとし、「通販限定CD-BOX」や「グッズ」「フォト」「オリジナル特典つきCD」などの「限定もの」のほか、「レコード」「カセット」までもあるなど、「コロムビアミュージックショップ」でしか手に入らない商品が多数購入できるのは、「音楽好き」にはとても魅力的!

「音楽が好きな人」「昔のヒット曲を集めた企画もののCDを探している人」「好きなアーティスト関連のグッズが買いたい人」「コレクションしているアーティストがいる人」「なつかしのアーティストの楽曲や写真・映像を楽しみたい人」には、非常におススメです!

track?id=2164&type=ranking&u=5a027117 09b0 494e a44f 2df7c8edf5c4

ライブ映像やタイアップを楽しむ

ライブ・ドラマ・映画が楽しめるおススメVOD

Hulu

637055

「hulu」は、「コスパ」が非常によく「配信作品数」も多い優秀な「動画配信サービス(VOD)」で、ドラマや映画の配信以外にも「テレビの人気バラエティ番組の見逃し配信」や、「日米英ニュース」「音楽」「ドキュメンタリー」「スポーツ」なども充実しており、そのラインナップには満足する人が多いでしょう。

最新作映画の配信はほとんどなく、最新のドラマも配信されていないものがありますが、「hulu」でしか観られない「オリジナル・コンテンツ」も豊富で、いろいろなデバイスで動画を見ることができるなど、「使いやすさ」と「満足感」「月額コスト」のバランスが高いのが魅力的!

「海外ドラマを見たい人」「見逃してしまったバラエティ番組を楽しみたい人」「近所のレンタル店に行くのが面倒な人」「『定額制の動画配信サービス(SVOD)』と『レンタル型の動画配信サービス(TVOD)』を1つのサービスに集約したい人」「毎月かかるお金は定額の方がいいが、たまには有料作品も見たい人」「とにかくたくさん映画やドラマを見る人」には、非常におススメ!

track?id=2189&type=ranking&u=f948b031 09d9 425c b0b4 f9e501ebbc67

U-NEXT

597109

「U-NEXT」は、他の「動画配信サービス(VOD)」に比べて圧倒的に多い、国内最大の映像作品数を誇り、最新作以外にも「別途レンタル課金」が発生する作品もあるものの、20万本以上ある映像コンテンツのうち約18万本が見放題で、さらにユーザーは毎月「動画レンタルや電子書籍購入などに利用できるポイント」がもらえます。

「月額料金」はかなり高めの設定ですが、「新作映画」や「ドラマの最新作」の配信が早く、「コンテンツの質と量」や「機能面」も申し分ない充実ぶりである上に、「80誌以上の雑誌」や「マンガ」などの「電子書籍」が「読み放題」になるなど、積極的に使いこなせれば、かなり「コスパ」を高くすることができて魅力的!

「ファミリーアカウント機能を使って家族で利用したい人」「原作漫画とアニメ作品をダブルで楽しみたい人」「動画を見るとき倍速再生をよく使う人」「洋画・邦画・TVドラマ・アニメ・漫画・雑誌・書籍を一つで完結させたい人」「毎月映像作品をたくさん見る人」「ラインナップの豊富なVODがいいと思う人」「高めの月額料金分をしっかり活用できる人」にはおススメです。

⇒コスパがよく、ラインナップも充実! Hulurr?rk=0100cvkr00l1tv track?id=2093&type=classic&u=89698fe0 3476 4b07 8b2c a693ae2e312f

Tsutaya TV

942937

「Tsutaya TV」は、「TSUTAYA」のグループ会社が運営する「動画配信サービス(VOD)」であり、旧作だけならば定額で約1万タイトルが見放題ですし、毎月1100円分のポイントがもらえて、見放題のラインナップにはない個別課金の新作タイトルを2本分ほど視聴できるなど、ユーザーインターフェースの使いにくさは少々難ではあるものの、定額の「動画見放題プラン」はけっこうお得に利用できます。

見放題のラインナップが少し少なめなのを補ってくれるのが「TSUTAYA DISCAS」であり、宅配サービスで1ヶ月につき8枚まで「DVD」「CD」の全商品がレンタル可能になり、9枚目以降も「旧作DVD」と「CD全商品」が借り放題で楽しむことができるので、「DVD」「CD」の宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」と組み合わせたプランにすればとても便利で、連携させることで力を最大限に発揮するでしょう。

「動画配信されている作品だけでなく『DVD』などでも映像作品を楽しみたい人」「映画やドラマの主題歌や挿入歌を『CD』で聴きたい人」「旧作だけでなく『新作』『準新作』もいち早く視聴したい人」「動画配信もレンタルもフル活用する自信がある人」には、とてもおススメです!

track?id=2216&type=ranking&u=f4af9446 c05b 48e8 97ae 8b2483982c32

music.jp

639219

「music.jp」は「音楽配信」だけでなく、「動画配信」と「電子書籍」も一緒に楽しめるサービスで、「動画配信」の作品数は国内最大級の18万本以上と充実しており、満足いくラインナップです。

他のVODなどと違うのは、音楽と書籍は「購入」、動画は「レンタル」となり、月額料金を「ポイント」に変えて、デジタル作品を通常よりも安く「購入」「レンタル」することができるというところ。

月々もらえるポイントを全部使ってしまえばそれ以上は「課金」になり、「定額で見放題」などではないですが、「ポイント」は多めにもらえますし、「音楽作品」「映像作品」「電子書籍」を一緒に楽しめるのは、「映像作品とテーマソングや原作をリンクして楽しみたい人」には大きなメリットと言えるでしょう。

track?id=2222&type=ranking&u=0b43ec58 cb97 4e69 93a1 37ed312709ff

 

-邦楽(男性)