女性アーティスト

【hitomi】思い出の歌・懐かしの名曲ピックアップ

ひな
「hitomi」の「IS IT YOU?」は、わたしの大好きな曲の1つなんだけど、たしかドラマ『できちゃった結婚』の主題歌だったよね?
「広末涼子」主演で2001年7月~9月までやっていた、フジテレビのドラマだったっけ
ミイ
あんず
そういえば「hitomi」は、もともと「小室哲哉」プロデュースの「小室ファミリー」の一員だったって知ってた?
「小室ファミリー」と言うのは、当時飛ぶ鳥を落とす勢いであった、音楽プロデューサーの「小室哲哉」を中心にした芸能人ファミリーのことで、「小室哲哉」がプロデュースしたり、楽曲提供した歌手たちを呼ぶ総称であり、「TKファミリー」とも呼ばれ、一大勢力を築いていたんだよ
りん
ハナ
1994年から1997年までの3年ほどの間は、「小室哲哉」プロデュースの楽曲が音楽チャートの上位を埋め尽くす現象が発生し、「小室ブーム」と呼ばれるほどだったんだって
「hitomi」は、1998年頃に「小室哲哉」プロデュースから離れて自ら作曲をするようになっているんだけど、「小室ファミリー」を離れた後のほうが、安定してヒットを連発していて、特に2000年~2002年には黄金期を迎えたようだね
ナナ
ひめ
それじゃあ、さっそく「hitomi」の名曲を聴いてみましょうか!
【楽曲名】からのリンクは、特段の表記がない限り「YouTube」にリンクされているので、お好きな動画をご覧になって下さいね
茶々

この記事を読んでほしい人

  • 「hitomi」の佳曲・名曲が聴きたい人
  • 「hitomi」の楽曲のチャート順位が気になる人
  • 「hitomi」が好きな大ファンの人
  • 「hitomi」の曲のタイアップが知りたい人
  • 「hitomi」の曲に懐かしい思い出がある人
思い出の曲を聴いてみよう! 【レコチョク】 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
【L'Arc~en~Ciel】懐かしい名曲の数々を聴こう!

続きを見る

こちらもどうぞ
【BUMP OF CHICKEN】懐かしい名曲たちを満喫!

続きを見る

【hitomi】ピックアップ

1999年リリース

ぷりん
『h』(エイチ)は、「hitomi」が初めてリリースした「ベストアルバム」なんだよ
「小室哲哉」プロデュース時代のスマッシュヒットと、「小室ファミリー」離脱後にリリースした3枚のシングルが収められていて、それまでの活動に一区切りを付けたアルバムと言えるね
くるみ
ルル
「hitomi」の初期の名曲がずらりと揃っていて、2枚目のアルバム『by myself』以来、久々のアルバムランキング1位となり、年間ランキングでも1999年度49位となる大ヒットとなったそうだよ

アルバム『h』

1stベストアルバム
1999年2月24日リリース
週間1位(オリコン)
1999年度年間49位(オリコン)

1【CANDY GIRL/hitomi】
日本コダック「スナップキッズEX」CMソング

2【WE ARE "LONELY GIRL"/hitomi】
NTTドコモ「ベルミー」CMソング

3【PRETTY EYES/hitomi】
三貴「銀座ジュエリーマキ エステートツインジュエリー」CMソング

4【Sexy/hitomi】
コミー「東京ビューティーセンター'96 レディープロデュース・キャンペーン」CMソング

5【In the future/hitomi】
明治製菓「アメリカンチップス」CMソング

6【Progress/hitomi】
シチズン「XC」CMソング
TBS系「ワンダフル」エンディング・テーマ

7【by myself/hitomi】
関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『もう我慢できない!』挿入歌

8【Let's Play Winter/hitomi】
日本テレビ系『アクション! SNOW BOARD』エンディング・テーマ

9【GO TO THE TOP/hitomi】
テレビ朝日系ドラマ『カケオチのススメ』挿入歌

10【空/hitomi】
ポッカコーポレーション「レモンの雫」CMソング

11【problem/hitomi】
資生堂「コスメニティ ヘアマニキュアジェル」CMソング

12【BUSY NOW/hitomi】
ダイハツ工業「テリオス」CMソング

13【Flowers for Life/hitomi】

14【Someday/hitomi】
花王「ソフィーナ AUBE ルージュドレシャス」CMソング

こちらもどうぞ
【hitomi】ベストアルバムで懐かしの名曲を楽しむ - のんびり探偵の事件簿
【hitomi】ベストアルバムで懐かしの名曲を楽しむ - のんびり探偵の事件簿

続きを見る

2002年リリース

とろ
『SELF PORTRAIT』は、「hitomi」の2枚目のベストアルバムで、1999年にリリースされた前作のベストアルバム『h』以降に発表された楽曲の中から14曲程度を選曲して収録したんだって
ボーナスCDには、ベストアルバム『h』以前に発表された6シングル曲を、全曲「新録バージョン」で収録し、さらに新曲「Vibes」と当時のニューシングル「flow」のライブレコーディングも収録しているみたい
たま
もも
「hitomi」がノリにノッているころのベストアルバムなので、アルバムランキングでも「最高位1位」「2002年度年間21位」の大ヒット作になっているよ

アルバム『SELF PORTRAIT』

2ndベストアルバム
2002年9月4日リリース
週間1位(オリコン)
2002年度年間21位(オリコン)

Disc.1

1【LOVE 2000/hitomi】
日本テレビ系『劇空間プロ野球2000』イメージ・ソング

2【there is.../hitomi】
関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『救急ハート治療室』主題歌

3【キミにKISS/hitomi】
日本テレビ系ドラマ「ストレートニュース」エンディング・テーマ

4【FAT FREE/hitomi】
アデコキャリアスタッフCMソング

5【MARIA(LOVE LIFE version)/hitomi】
日本テレビ系『M-mania』オープニング・テーマ
日本テレビ系『トヨタプリンセスカップ2000』イメージ・ソング

6【体温/hitomi】
TBS系『COUNT DOWN TV』エンディング・テーマ

7【IS IT YOU?/hitomi】
フジテレビ系ドラマ『できちゃった結婚』主題歌

8【SAMURAI DRIVE/hitomi】
「SAMURAI DRIVE/cune」のカバー
花王「Brand-new AUBE」CMソング

9【innocence/hitomi】
三菱電機「デジタル・ムーバ D503iS HYPER」CMソング
フジテレビ系『ベルリンマラソン』イメージ・ソング

10【I am/hitomi】
読売テレビ・日本テレビ系アニメ『犬夜叉』オープニング・テーマ

11【Understanding/hitomi】
フジテレビ系『ソルトレーク2002』イメージ・ソング

12【WHY?/hitomi】

13【君のとなり(thermo plastic version)/hitomi】
アトラス社ゲーム『ペルソナ2 罪』CMソング

Disc.2

1【CANDY GIRL(SELF PORTRAIT version)/hitomi】
日本コダック「スナップキッズEX」CMソング

2【BUSY NOW(SELF PORTRAIT version)/hitomi】
ダイハツ工業「テリオス」CMソング

3【In the future(SELF PORTRAIT version)/hitomi】
明治製菓「アメリカンチップス」CMソング

4【GO TO THE TOP(now&then version)/hitomi】
テレビ朝日系ドラマ『カケオチのススメ』挿入歌

5【problem(SELF PORTRAIT version)/hitomi】
資生堂「コスメニティ ヘアマニキュアジェル」CMソング

6【by myself(SELF PORTRAIT version)/hitomi】
関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『もう我慢できない!』挿入歌

7【Vibes/hitomi】

8【flow(6.14 Budokan Live version)/hitomi】
TBS系『サバイバー』テーマ・ソング
三菱電機「ムーバD251i, ムーバD504i」CMソング

2007年リリース

レモン
『peace』は、「hitomi」の4枚目のベストアルバムで、コンプリート・ベストアルバムとされているんだよ
デビューシングルの「Let's Play Winter」から、32枚目のシングル「アイ ノ コトバ」まで、リリースした順にすべてのシングルが収録されている「シングルズ・コレクション」だね
マロン
いくら
「WISH」「MADE TO BE IN LOVE」は14枚目のシングル「君のとなり」のカップリング曲で、公式データ上では「君のとなり」のみ表記されているもののトリプルA面扱いであり、ほかにも「innocence」は22枚目のシングル「I am」とのダブルA面、「BLADE RUNNER」は25枚目のシングル「flow」とのダブルA面、「SPEED☆STAR」は27枚目のシングル「心の旅人」とのダブルA面など、アルバム発表時までの「シングルA面曲」すべてを網羅しているんだって

アルバム『peace』

4thベストアルバム
2007年12月5日リリース
19位(オリコン)

Disc.1

1【Let's Play Winter/hitomi】
日本テレビ系『アクション! SNOW BOARD』エンディング・テーマ

2【WE ARE "LONELY GIRL"/hitomi】
NTTドコモ「ベルミー」CMソング

3【CANDY GIRL/hitomi】
日本コダック「スナップキッズEX」CMソング

4【GO TO THE TOP/hitomi】
テレビ朝日系ドラマ『カケオチのススメ』挿入歌

5【Sexy/hitomi】
コミー「東京ビューティーセンター'96 レディープロデュース・キャンペーン」CMソング

6【In the future/hitomi】
明治製菓「アメリカンチップス」CMソング

7【by myself/hitomi】
関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『もう我慢できない!』挿入歌

8【BUSY NOW/hitomi】
ダイハツ工業「テリオス」CMソング

9【problem/hitomi】
資生堂「コスメニティ ヘアマニキュアジェル」CMソング

10【PRETTY EYES/hitomi】
三貴「銀座ジュエリーマキ エステートツインジュエリー」CMソング

11【空/hitomi】
ポッカコーポレーション「レモンの雫」CMソング

12【Progress/hitomi】
シチズン「XC」CMソング
TBS系「ワンダフル」エンディング・テーマ

13【Someday/hitomi】
花王「ソフィーナ AUBE ルージュドレシャス」CMソング

Disc.2

1【君のとなり/hitomi】
アトラス社ゲーム『ペルソナ2 罪』CMソング

2【WISH/hitomi】
読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ロマンス』挿入歌

3【MADE TO BE IN LOVE/hitomi】
読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ロマンス』挿入歌

4【there is.../hitomi】
関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『救急ハート治療室』主題歌

5【体温/hitomi】
TBS系『COUNT DOWN TV』エンディング・テーマ

6【LOVE 2000/hitomi】
日本テレビ系『劇空間プロ野球2000』イメージ・ソング

7【MARIA/hitomi】
日本テレビ系『M-mania』オープニング・テーマ
日本テレビ系『トヨタプリンセスカップ2000』イメージ・ソング

8【キミにKISS/hitomi】
日本テレビ系ドラマ「ストレートニュース」エンディング・テーマ

9【INNER CHILD/hitomi】
グンゼ「BODY WILD」CMソング

10【IS IT YOU?/hitomi】
フジテレビ系ドラマ『できちゃった結婚』主題歌

Disc.3

1【I am/hitomi】
読売テレビ・日本テレビ系アニメ『犬夜叉』オープニング・テーマ

2【innocence/hitomi】
三菱電機「デジタル・ムーバ D503iS HYPER」CMソング
フジテレビ系『ベルリンマラソン』イメージ・ソング

3【SAMURAI DRIVE/hitomi】
「SAMURAI DRIVE/cune」のカバー
花王「Brand-new AUBE」CMソング

4【Understanding/hitomi】
フジテレビ系『ソルトレーク2002』イメージ・ソング

5【flow/hitomi】
TBS系『サバイバー』テーマ・ソング
三菱電機「ムーバD251i, ムーバD504i」CMソング

6【BLADE RUNNER/hitomi】
花王「AUBE」CMソング

7【ヒカリ/hitomi】
TBS系『恋するハニカミ!』テーマ・ソング
テレビ東京系『第1回全日本大学女子選抜駅伝競争』テーマ・ソング

8【心の旅人/hitomi】
フジテレビ系ドラマ『離婚弁護士』主題歌

9【SPEED☆STAR/hitomi】
「スピードスター/TRIPLANE」のカバー
東芝「A5504T(au)」CMソング

10【Japanese girl/hitomi】
日本テレビ系『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』2005年5月度オープニング・テーマ
テレビ大阪『ヒロイン誕生!』テーマソング

11【Love Angel/hitomi】
ユニリーバ・ジャパン「mod's hair」CMソング
日本テレビ系『@サプリッ!』エンディング・テーマ

12【CRA"G"Y☆MAMA/hitomi】
USEN「GyaO」CMソング

13【GO MY WAY/hitomi】
TBS系ドラマ『弁護士のくず』主題歌
ミュゥモ CMソング

14【アイ ノ コトバ/hitomi】
日本テレビ系『スポーツうるぐす』テーマ・ソング
music.jp TV-CMソング
ミュゥモ TV-CMソング
dwango「いろメロミックスDX」CMソング

なつかしい思い出の曲を楽しもう!

おススメの音楽配信サイトなど

レコチョク

「レコチョク」は、音楽会社各社が参画する「ダウンロード購入」タイプの音楽配信サービスで、そのため幅広いジャンルにわたってラインナップが豊富であることや、「ハイレゾ配信」も行っており、「ストリーミング(サブスクリプション)」タイプや「CD/DVD」などよりも、「高音質」で聴くこともできます。

「ダウンロード」による「デジタルデータの購入」なので、楽曲のデータを消去してしまわない限りは、人気の「サブスクリプション」(定額料金で多数の楽曲が聴き放題になる)タイプのように、音楽配信が停止になって、いつのまにか聴きたい曲が「聞けなくなってしまう」ようなことがないのがいいところですね!

「自分の好きなアーティストの曲だけをたのしみたい人」「月額料金をずっと取られ続けるのが嫌な人」「聴きたい曲が決まっている人」「曲ごとやアルバムごとにお金を払う、ダウンロードタイプの音楽配信サービスがいい人」「全体の出費を抑えながら音楽を楽しみたい人」「曲のラインナップは豊富な方がいい人」にはおススメ!

⇒音楽ダウンロードならお金のムダがない! 【レコチョク】

e-onkyo music

「e-onkyo music」は、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データであり、CDでは聴こえなかった微細な表現も楽しむことができる「ハイレゾ音源」だけを扱う、「日本のハイレゾ音源配信の元祖」ともいえるサイトであり、「mora」とともに「ハイレゾ音源」を購入できる国内の「2大配信サイト」と言われています。

ほかの音楽配信サイトでは、「ハイレゾ」と「非ハイレゾ」の音源が混在しており、購入時には間違えないように注意が必要になりますが、「e-onkyo music」であれば、超高音質の「ハイレゾ音源」だけを選ぶことができるのは大きな魅力!

配信形式が豊富なことも特徴で、中には同一作品で「音質違い」が用意されている場合もあるので、環境や好みに合わせて選ぶことができるのも強みであり、ジャンルは「オールジャンル」といっていい充実ぶりで、取り扱う楽曲の数も多いので、「いろいろな環境で聴きたい」「超高音質を楽しみたい」なら「e-onkyo music」はいい選択になるでしょう。

Tower Records

「Tower Records(タワーレコード)」は、アメリカ生まれの大手CDショップチェーンで、日本でもレコード全盛の時代から「NO MUSIC, NO LIFE.」のキャッチコピーで知られ、音楽の購入方法がダウンロードやストリーミングなどに中心が移ってしまった今でも、音楽の実店舗としては「No.1」であり、現在も「CD」「DVD」「書籍」などを販売していて、コアなファンも多くいます。

「Rock」「Pops」は言うに及ばず、「Classic」「Jazz」「Fusion」など幅広いジャンルにわたって品ぞろえは豊富で、さまざまな「音楽情報」「タワーレコード限定商品」「オンラインショップ限定特典」などもあり、「CD」「DVD」や「音楽系の書籍」「グッズ」などをよく買う方にとっては、魅力的な専門的なショップです。

「昔ながらのレコードやCDを買いたいという音楽ファンの人」「CDやDVD・ブルーレイなどで音楽を聴きたい人」「レコードやCDでの音質にこだわる人」「タワーレコード限定グッズやオンライン限定特典に魅力を感じる人」「インターネットに詳しくはないが音楽好きな人」「ジャケットを見ないと音楽を聴いた気にならない人」などには非常におススメ!

コロムビアミュージックショップ

「コロムビアミュージックショップ」は、日本有数の老舗レコード会社である「日本コロムビア」の公式通販サイトで、「演歌」「歌謡曲」から「J-POP」「ロック」「クラシック」「ジャズ」「アニメ」「特撮もの」や「キッズ」「ファミリー」など、幅広い「年代」「ジャンル」にわたる「音楽に関わる商品」を販売しています。

歴代の人気アーティストの作品を取り揃えており、市販されている「CD」や「DVD」「Blu-ray」をはじめとし、「通販限定CD-BOX」や「グッズ」「フォト」「オリジナル特典つきCD」などの「限定もの」のほか、「レコード」「カセット」までもあるなど、「コロムビアミュージックショップ」でしか手に入らない商品が多数購入できるのは、「音楽好き」にはとても魅力的!

「音楽が好きな人」「昔のヒット曲を集めた企画もののCDを探している人」「好きなアーティスト関連のグッズが買いたい人」「コレクションしているアーティストがいる人」「なつかしのアーティストの楽曲や写真・映像を楽しみたい人」には、非常におススメです!

ライブ映像やタイアップを楽しむ

ライブ・ドラマ・映画が楽しめるおススメVOD

Hulu

「hulu」は、「コスパ」が非常によく「配信作品数」も多い優秀な「動画配信サービス(VOD)」で、ドラマや映画の配信以外にも「テレビの人気バラエティ番組の見逃し配信」や、「日米英ニュース」「音楽」「ドキュメンタリー」「スポーツ」なども充実しており、そのラインナップには満足する人が多いでしょう。

最新作映画の配信はほとんどなく、最新のドラマも配信されていないものがありますが、「すべてが見放題作品」なので追加料金が発生せず、「hulu」でしか観られない「オリジナル・コンテンツ」も豊富で、いろいろなデバイスで動画を見ることができるなど、「使いやすさ」と「満足感」「月額コスト」のバランスが高いのが魅力的!

「海外ドラマを見たい人」「有料作品による追加料金を取られたくない人」「見逃してしまったバラエティ番組を楽しみたい人」「近所のレンタル店に行くのが面倒な人」「VODにあまりお金をかけたくない人」「毎月かかるお金は定額の方がいい人」「とにかくたくさん映画やドラマを見る人」には、非常におススメ!

U-NEXT

「U-NEXT」は、他の「動画配信サービス(VOD)」に比べて圧倒的に多い、国内最大の映像作品数を誇り、最新作以外にも「別途レンタル課金」が発生する作品もあるものの、20万本以上ある映像コンテンツのうち約18万本が見放題で、さらにユーザーは毎月「動画レンタルや電子書籍購入などに利用できるポイント」がもらえるので、月に2~3本の最新映画が実質無料で視聴できます。

「月額料金」はかなり高めの設定ですが、「新作映画」や「ドラマの最新作」の配信が早く、「コンテンツの質と量」や「機能面」も申し分ない充実ぶりである上に、「80誌以上の雑誌」や「マンガ」などの「電子書籍」が「読み放題」になるなど、積極的に使いこなせれば、かなり「コスパ」を高くすることができて魅力的!

「ファミリーアカウント機能を使って家族で利用したい人」「原作漫画とアニメ作品をダブルで楽しみたい人」「動画を見るとき倍速再生をよく使う人」「洋画・邦画・TVドラマ・アニメ・漫画・雑誌・書籍を一つで完結させたい人」「毎月映像作品をたくさん見る人」「ラインナップの豊富なVODがいいと思う人」「高めの月額料金分をしっかり活用できる人」にはおススメです。

dTV

「dTV」は、数ある「動画配信サービス(VOD)」の中でもとくに安い「月額料金」で、多数の作品を見ることができる、「高コストパフォーマンス」の「動画配信サービス(VOD)」です。

「レンタル作品」は、「見放題作品」とは違い「別途に個別料金が発生」し、「視聴期間も限られている」のでちょっと注意が必要ですが、全ての動画のダウンロードができ、「オフライン再生」に完全対応しているのはとても便利で、視聴中に止まったり、引っかかったりすることがないため、快適に動画が見られます。

値段に対して作品数が充実しており、とくに「音楽系」に強いので、「懐かしい主題歌やタイアップ曲を聴いていたら当時のドラマを見たくなった」「昔見た映画の主題歌だったのを思い出した」「とにかく安く済ませたい」「オフラインで動画を楽しみたい」「音楽系の動画が見たい」という人にはおススメ!

Tsutaya TV

「Tsutaya TV」は、「TSUTAYA」のグループ会社が運営する「動画配信サービス(VOD)」であり、旧作だけならば定額で約1万タイトルが見放題ですし、毎月1100円分のポイントがもらえて、見放題のラインナップにはない個別課金の新作タイトルを2本分ほど視聴できるなど、ユーザーインターフェースの使いにくさは少々難ではあるものの、定額の「動画見放題プラン」はけっこうお得に利用できます。

見放題のラインナップが少し少なめなのを補ってくれるのが「TSUTAYA DISCAS」であり、宅配サービスで1ヶ月につき8枚まで「DVD」「CD」の全商品がレンタル可能になり、9枚目以降も「旧作DVD」と「CD全商品」が借り放題で楽しむことができるので、「DVD」「CD」の宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」と組み合わせたプランにすればとても便利で、連携させることで力を最大限に発揮するでしょう。

「動画配信されている作品だけでなく『DVD』などでも映像作品を楽しみたい人」「映画やドラマの主題歌や挿入歌を『CD』で聴きたい人」「旧作だけでなく『新作』『準新作』もいち早く視聴したい人」「動画配信もレンタルもフル活用する自信がある人」には、とてもおススメです!

music.jp

「music.jp」は「音楽配信」だけでなく、「動画配信」と「電子書籍」も一緒に楽しめるサービスで、「動画配信」の作品数は国内最大級の18万本以上と充実しており、満足いくラインナップです。

他のVODなどと違うのは、音楽と書籍は「購入」、動画は「レンタル」となり、月額料金を「ポイント」に変えて、デジタル作品を通常よりも安く「購入」「レンタル」することができるというところ。

月々もらえるポイントを全部使ってしまえばそれ以上は「課金」になり、「定額で見放題」などではないですが、「ポイント」は多めにもらえますし、「音楽作品」「映像作品」「電子書籍」を一緒に楽しめるのは、「映像作品とテーマソングや原作をリンクして楽しみたい人」には大きなメリットと言えるでしょう。

 

-女性アーティスト

テキストのコピーはできません。