女性アーティスト

【原由子】懐かしい名曲たち・思い出の歌を堪能!

2021-04-05

マロン
「桑田佳祐」の大活躍であまり目立たないけど、「サザンオールスターズ」の紅一点で、「桑田佳祐」の奥さんの「原由子」にも、いい曲がたくさんあるんだよ。
「原坊(ハラボー)」って呼ばれてて、素朴でふんわりとした包み込むような、とてもやさしいボーカルなんだよね。
ハル
あずき
「サザンオールスターズ」では、「キーボード・コーラス」を務めるけど、「リードボーカル」をとる曲もあって、初期の「サザン」を除けば、各アルバムには1曲は「原由子」の「ボーカル曲」が入れられているようだし、シングルのカップリング曲で「ボーカル」を取ることもあるね。
「原由子」が「リードボーカル」を取った曲は名曲とされる楽曲も多くあって、「私はピアノ」「そんなヒロシに騙されて」「鎌倉物語」などの楽曲は、「サザン」には欠かせない名曲と言われているよ。
ミイ
ゆず
「原由子」は、「桑田佳祐」と同じく、「サザンオールスターズ」の活動とはバッティングしないように「ソロ活動」をしているけど、「サザン」の活動休止中は完全にお休みしている期間もあり、シングルやアルバムなどのソロ作品は数年おきに発表するという、わりとのんびりしたペースなんだよね。
「原由子」は「ソロ」でもいい曲がたくさんあって、「恋は、御多忙申し上げます」「あじさいのうた」「花咲く旅路」「負けるな女の子!」「少女時代」「ハートせつなく」「じんじん」「夢をアリガトウ」などの名曲があるんだ。
もなか
もも
それじゃあ、さっそく「原由子」の名曲を聴いてみましょうか!

「ハラフウミ」などの「原由子」のソロプロジェクトやコラボレーション企画なども掲載しているので、ぜひ聴いてみてくださいね。

【楽曲名】からのリンクは、特段の表記がない限り「YouTube」にリンクされているので、お好きな動画をご覧になって下さいね。
あんこ

この記事を読んでほしい人

  • 「原由子」の佳曲・名曲が聴きたい人
  • 「原由子」の楽曲のチャート順位が気になる人
  • 「原由子」や「桑田佳祐」「サザンオールスターズ」が好きな大ファンの人
  • 「原由子」の曲のタイアップが知りたい人
  • 「原由子」の曲に懐かしい思い出がある人
思い出の曲を聴いてみよう! AWA 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
【桑田佳祐】懐かしい名曲・思い出の歌を聴こう!

続きを見る

こちらもどうぞ
【サザンオールスターズ】懐かしい名曲を聴こう!

続きを見る

【原由子】リリース曲

1981年リリース

すず
1980年に、「サザンオールスターズ」は3枚目のアルバム「タイニイ・バブルス」を発表するんだけど、アルバムに収録されていた「私はピアノ」のボーカルを「原由子」が務めて評判となったのを受けて、翌1981年に「サザン」のメンバーの中で最初に「原由子」がシングル「I Love Youはひとりごと」とアルバム「はらゆうこが語るひととき」の同時リリースで「ソロデビュー」したんだよ。
「原由子」初のメインボーカル曲「私はピアノ」は、「高田みづえ」にカバーされて大ヒットし、オリジナルの「サザンオールスターズ」のバージョンも注目されて、「原由子」のボーカルが評価されるきっかけになったらしい。
メイ
ひな
だけど、「桑田佳祐」が作詞作曲した「I Love Youはひとりごと」は、歌詞の一部が「エッチだ」として、要注意歌謡曲指定制度に基づき、楽曲提供された「ベティ」のバージョンも含めて「放送禁止」となってしまったんだって。
この「放送禁止処分」を受け、「サザン」のメンバーとスタッフの男性陣が女装をして、原宿での抗議デモや、ビクタービル屋上で抗議のゲリラライブを行ったんだけど、警察が出動するなどの大騒ぎとなってしまったそうだよ。
おはぎ
そら
アルバム「はらゆうこが語るひととき」は、「最高位6位」「1981年度年間27位」だったんだよね。

【I Love Youはひとりごと/原由子】
1stシングル
1981年4月21日リリース
週間35位(オリコン)
要注意歌謡曲指定制度に基づきAランク指定「放送禁止」
 【C/W しっかり John-G】

【うさぎの唄/原由子】
2ndシングル
1981年7月21日リリース
週間63位(オリコン)
 【C/W Loving You】
ヤマハ発動機「パセッタ」CMソング

アルバム『はらゆうこが語るひととき』

1stアルバム
1981年4月21日リリース
週間6位(オリコン)
1981年度年間27位(オリコン)

1【My Baby Shines On Me/原由子】

2【おしゃれな女(Sight of my court)/原由子】

3【I Love Youはひとりごと/原由子】

4【しっかり John-G/原由子】

5【うさぎの唄/原由子】

6【がんばれアミューズ/原由子】

7【いにしえのトランペッター/原由子】

8【Loving You/原由子】
ヤマハ発動機「パセッタ」CMソング

9【幸わせなルースター/原由子】

10【Last Single X'mas/原由子】

こちらもどうぞ
【サザンオールスターズ】ベストアルバムを楽しむ - のんびり探偵の事件簿
【サザンオールスターズ】ベストアルバムを楽しむ - のんびり探偵の事件簿

続きを見る

1982年リリース

レモン
1982年は、3月にシングル「誕生日の夜」をリリースしているけど、はじめて「原由子」が作詞作曲した曲をA面にしているね。
この曲は、「サザンオールスターズ」で言えば、1月のシングル「チャコの海岸物語」と5月シングル「匂艶 THE NIGHT CLUB」のちょうど中間あたりかな。
たま
ルル
1982年7月に、「サザンオールスターズ」のアルバム「NUDE MAN」がリリースされ、アルバムに収録されていた「原由子」のボーカル曲「流れる雲を追いかけて」はなかなか好評だったそうだよ。

【誕生日の夜/原由子】
3rdシングル
1982年3月21日リリース
週間81位(オリコン)
 【C/W I’ll Be Good To You】

こちらもどうぞ
【桑田佳祐】ベストアルバムで名曲たちを楽しもう - のんびり探偵の事件簿
【桑田佳祐】ベストアルバムで名曲たちを楽しもう - のんびり探偵の事件簿

続きを見る

1983年リリース

あんず
1983年7月に、「サザンオールスターズ」はアルバム「綺麗」を発表し、その中の「原由子」がボーカルを取ったアルバム曲「そんなヒロシに騙されて」が好評となるほか、「かしの樹の下で」で「桑田佳祐」とのデュエットも披露するんだよね。
「そんなヒロシに騙されて」は、8月には「高田みづえ」や「ジューシィ・フルーツ」によるカバーシングルがリリースされ、中でも「高田みづえ」バージョンは大ヒットを記録しているよ。
とろ
ココ
同じ8月に、「原由子」がソロシングル「恋は、ご多忙申し上げます」をリリースして、「最高位5位」「1983年度年間50位」となるヒットを飛ばしているんだ。
「桑田佳祐」が作詞作曲した「恋は、ご多忙申し上げます」は、「原由子」のソロとして初のヒットシングルとなり、「私はピアノ」「そんなヒロシに騙されて」で注目された「原由子」が、ソロアーティストとしての評価を高めることになったシングルなんだって。
モカ
ミント
11月には、アルバム「Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd」がリリースされて、「最高位4位」となっているそうだよ。

【恋は、ご多忙申し上げます/原由子】
4thシングル
1983年8月21日リリース
週間5位(オリコン)
1983年度年間50位(オリコン)
資生堂「フェアネス」CMソング
 【C/W Dandelionて、タンポポのことなんです】

【横浜 Lady Blues/原由子】
5thシングル
1983年11月5日リリース
週間44位(オリコン)
 【C/W Misty Morning】

アルバム『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd.』

2ndアルバム
1983年11月21日リリース
週間4位(オリコン)

1【夕方 Friend/原由子】

2【Rimbaud(ランボオ)/原由子】

3【Misty Morning/原由子】

4【横浜 Lady Blues/原由子】

5【新・野毛山模様/原由子】

6【恋のメモリー:三昧編/原由子】

7【嵐の第三京浜/原由子】

8【女優/原由子】

9【恋は、ご多忙申し上げます/原由子】
資生堂「フェアネス」CMソング

10【冷たい月曜日/原由子】

11【いちょう並木のセレナーデ/原由子】

12【ヨコハマ・モガ/原由子】

こちらもどうぞ
【桑田佳祐】他のアーティストが歌う名曲を楽しむ - のんびり探偵の事件簿
【桑田佳祐】他のアーティストが歌う名曲を楽しむ - のんびり探偵の事件簿

続きを見る

1987年リリース

ミミ
1987年8月には、シングル「あじさいのうた」をリリースし、「最高位22位」となるスマッシュヒットを飛ばしているね。
当時「サザンオールスターズ」は、アルバム「KAMAKURA」発表後の1986年から活動を休止しており、このシングルは「原由子」が出産後はじめてリリースしたシングルだったんだって。
ハナ
とろ
ちなみに「サザンオールスターズ」では、1984年の「人気者で行こう」でアルバム曲の「シャボン」、1985年の「KAMAKURA」ではアルバム曲の「鎌倉物語」でメインボーカルを取っているみたいだよ。

【あじさいのうた/原由子】
6thシングル
1987年8月21日リリース
週間22位(オリコン)
映画『BU・SU』主題歌
OVA『眠れぬ夜の小さなお話』挿入歌
ダイハツ工業「ダイハツ・リーザ」CMソング
 【C/W Tonight’s the night】
映画『BU・SU』挿入歌

1988年リリース

チョコ
1988年4月には、シングル「ガール(GIRL)」をリリースして、「最高位17位」のスマッシュヒットにしているんだよ。
その直後の1988年6月に、「サザンオールスターズ」は、シングル「みんなのうた」をリリースして活動を再開しているみたいだね。
くるみ
茶々
このとき「桑田佳祐」は、「サザンオールスターズ」の復活に合わせて、自身の「ソロ活動」をいったん終えているけど、「原由子」のほうは「サザン」の活動と並行しながら、マイペースで「ソロ活動」を続けているようだね。

【ガール(GIRL)/原由子】
7thシングル
1988年4月21日リリース
週間17位(オリコン)
金鳥「蚊取り線香」CMソング
 【C/W 春待ちロマン】

1989年リリース

あずき
1989年には、4月にシングル「かいじゅうのうた」、5月に「ためいきのベルが鳴るとき」を続けてリリースしているんだ。
2つとも、「サザンオールスターズ」で言えば、1989年4月のシングル「女神達への情歌(報道されないY型の彼方へ)」、6月のシングル「さよならベイビー」の間のことだね。
ひめ
もこ
「原由子」が作詞作曲した「かいじゅうのうた」は、当時、子育てに追われていた「原由子」が、手のかかる二人の子供達を「かいじゅう」に例えて歌ったもので、「桑田佳祐」が非常に気に入っていて、毎日聴きたい楽曲の1つに挙げているほどなんだって。

【かいじゅうのうた/原由子】
8thシングル
1989年4月26日リリース
週間90位(オリコン)
フジテレビ系子供向け番組『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌
 【C/W 星のハーモニー】
1992年映画『トキメキソーラーくるまによん』主題歌
フジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌

【ためいきのベルが鳴るとき/原由子】
9thシングル
1989年5月21日リリース
週間35位(オリコン)
フジテレビ系ドラマ『いまどき銀座物語ぼんぼん』主題歌
 【C/W 星のハーモニー】
1992年映画『トキメキソーラーくるまによん』主題歌
フジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌

1990年リリース

ぷりん
1990年9月には、カバーシングル「愛して愛して愛しちゃったのよ」をリリースしているんだけど、この曲は「サザンオールスターズ」のアルバム「稲村ジェーン」からのシングルカットなんだよ。
オリジナルは「成田綾子」が1964年に日本コロムビアから発売した「愛しちゃったの」であったが、「成田綾子」のバージョンはヒットせず、1965年6月に「和田弘とマヒナスターズ&田代美代子」がカバーして大ヒットした曲なんだって。
さくら
ハナ
かなり古い歌だけど、確かにこの「懐メロ」は、「原由子」のボーカルによく合っているね。
「原由子」のカバーシングルは、「サザン」で言えば、1990年7月のシングル「真夏の果実」や、9月のアルバム「稲村ジェーン」のすぐあとのリリースということになるんだね。
チャコ
ひなた
ちなみに、1990年1月リリースの9枚目のアルバム「Southern All Stars」では、アルバム収録曲「ナチカサヌ恋歌」、10枚目のアルバム「稲村ジェーン」では、この「愛して愛して愛しちゃったのよ」が、「原由子」のリードボーカル曲となっているよ。

【愛して愛して愛しちゃったのよ/原由子】
10thシングル
1990年9月21日リリース
週間49位(オリコン)
三起商行発行の育児雑誌『マンスリー・ミキハウス』CMソング
映画『稲村ジェーン』挿入歌
オリジナルは1964年「愛しちゃったの/成田綾子」
「愛して愛して愛しちゃったのよ/和田弘とマヒナスターズ&田代美代子」のカバー
 【C/W LOVE POTION NO.9】
「LOVE POTION NO.9/The Clovers」(アメリカ)のカバー

1991年リリース

とろ
1991年は、3月にシングル「ハートせつなく」、5月にシングル「じんじん」、6月にアルバム「MOTHER」、11月にシングル「負けるな女の子!」をリリースしているんだよ。
シングル「ハートせつなく」は「最高位16位」、シングル「じんじん」は「最高位24位」、シングル「負けるな女の子!」は「最高位16位」のスマッシュヒットになったんだ。
抹茶
みるく
アルバム「MOTHER」は、「最高位4位」「1991年度年間20位」となり、日本レコード協会認定の「プラチナディスク」を獲得したんだって。
1990年秋から1991年にかけて、「原由子」は単独で各メディアに数多く登場し、多くの曲がCMソングに起用され、本人もCMに登場したり、音楽番組やトーク番組への単独出演など、プロモーションは大成功したんだけど、これらは、出産や子育てで抱いた「音楽そのものを止めようか」という悩みを乗り越えた「音楽を続けたい」という気持ちのあらわれであり、「桑田佳祐」たちの全面バックアップがあってのことだったそうだよ。
いくら
ナナ
「サザン」では、1990年7月にシングル「真夏の果実」、1991年7月にシングル「ネオ・ブラボー!!」、1992年7月に同時リリースシングル「シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA」「涙のキッス」、アルバムで言うと1990年9月の「稲村ジェーン」、1992年9月の「世に万葉の花が咲くなり」のあたりのことなんだね。

【ハートせつなく/原由子】
11thシングル
1991年3月27日リリース
週間16位(オリコン)
カゴメCMソング
 【C/W Anneの街】

【じんじん/原由子】
12thシングル
1991年5月29日リリース
週間24位(オリコン)
ホンダ「ビート」CMソング
 【C/W 使い古された諺を信じて】
カシオ「Celviano」CMソング

【負けるな女の子!/原由子】
13thシングル
1991年11月1日リリース
週間16位(オリコン)
日本テレビ系アニメ『YAWARA! a fashionable judo girl!』三代目オープニング
 【C/W 少女時代】
日本テレビ系アニメ『YAWARA! a fashionable judo girl!』三代目エンディング
「少女時代/斉藤由貴」のセルフカバー

アルバム『MOTHER』

3rdアルバム
1991年6月1日リリース
週間4位(オリコン)
1991年度年間20位(オリコン)
プラチナ(日本レコード協会)
第33回日本レコード大賞優秀アルバム賞

Disc.1

1【ハートせつなく/原由子】
カゴメCMソング

2【東京ラブコール/原由子】
1992年映画『トキメキソーラーくるまによん』主題歌

3【少女時代/原由子】
日本テレビ系アニメ『YAWARA! a fashionable judo girl!』三代目エンディング
「少女時代/斉藤由貴」のセルフカバー

4【星のハーモニー/原由子】
1992年映画『トキメキソーラーくるまによん』主題歌
フジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌

5【じんじん/原由子】
ホンダ「ビート」CMソング

6【使い古された諺を信じて/原由子】
カシオ「Celviano」CMソング

7【Good Luck, Lovers!/原由子】

8【かいじゅうのうた/原由子】
フジテレビ系子供向け番組『ひらけ!ポンキッキ』挿入歌

9【UFO(僕らの銀河系)/原由子】
「UFO/ピンク・レディー」のアレンジカバー

10【花咲く旅路/原由子】
JR東海「日本を休もう」キャンペーンCMソング
2002年コカ・コーラ「まろ茶」CMソング
2009年12月ソフトバンクモバイルCM

Disc.2

1【お涙ちょうだい/原由子】

2【イロイロのパー/原由子】

3【あじさいのうた/原由子】
映画『BU・SU』主題歌
OVA『眠れぬ夜の小さなお話』挿入歌
ダイハツ工業「ダイハツ・リーザ」CMソング

4【夜空を見上げれば/原由子】
OVA「眠れぬ夜の小さなお話」エンディングテーマ

5【Anneの街/原由子】

6【終幕(フィナーレ)/原由子】

7【春待ちロマン/原由子】

8【ためいきのベルが鳴るとき/原由子】
フジテレビ系ドラマ『いまどき銀座物語ぼんぼん』主題歌

9【キューピーはきっと来る/原由子】
1988年キユーピー「マスタードマヨネーズ」CMソング

10【想い出のリボン/原由子】

1997年リリース

キウイ
1997年は、10月に「SMAP」の「香取慎吾」とのコラボレーションシングル「みんないい子」をリリースして、「最高位13位」「ゴールドディスク」を獲得しているよ。
11月には、「ソロ名義」としては実に6年1か月ぶりのシングル「涙の天使に微笑みを」をリリースし、「最高位16位」「ゴールドディスク」となっているんだって。
ベル
とろ
「サザン」のアルバムでも、必ず1曲はリードボーカルを取っており、1992年9月の「世に万葉の花が咲くなり」では「ポカンポカンと雨が降る(レイニー ナイト イン ブルー)」、1996年7月の「Young Love」では「恋の歌を唄いましょう」が、「原由子」がボーカルの曲なんだよ。

【みんないい子/香取慎吾 & 原由子】
1stコラボレーション・シングル
1997年10月29日リリース
週間13位(オリコン)
ゴールド(日本レコード協会)
フジテレビ系クイズバラエティ番組『中居正広のボクらはみんな生きている』テーマソング

【涙の天使に微笑みを/原由子】
14thシングル
1997年11月27日リリース
週間16位(オリコン)
ゴールド(日本レコード協会)
NHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』主題歌
 【C/W 悲しき口笛】
「悲しき口笛/美空ひばり」のカバー

1998年リリース

くるみ
1998年2月に、1枚目のベストアルバム「Loving You」がリリースされ、「最高位3位」「ゴールドディスク」を獲得したんだよ。
1981年にソロデビューしてからここまでの「原由子」の「ソロ活動」から選曲されているけど、タイトル通り『LOVE』をテーマにした選曲であるために、純粋なベストアルバムではないらしいね。
りん
ひめ
1998年10月には、「サザンオールスターズ」のアルバム「さくら」がリリースされ、「唐人物語(ラシャメンのうた)」でリードボーカルを取っているんだって。

アルバム『Loving You』

1stベストアルバム
1998年2月25日リリース
週間3位(オリコン)
ゴールド(日本レコード協会)

1【恋のメモリー : 三眛編/原由子】

2【Loving You/原由子】
ヤマハ発動機「パセッタ」CMソング

3【うさぎの唄/原由子】

4【いちょう並木のセレナーデ/原由子】

5【恋は、ご多忙申し上げます/原由子】
資生堂「フェアネス」CMソング

6【I'll Be Good To You/原由子】

7【あじさいのうた/原由子】
映画『BU・SU』主題歌
OVA『眠れぬ夜の小さなお話』挿入歌
ダイハツ工業「ダイハツ・リーザ」CMソング

8【ガール(GIRL)/原由子】
金鳥「蚊取り線香」CMソング

9【じんじん/原由子】
ホンダ「ビート」CMソング

10【ハートせつなく/原由子】
カゴメCMソング

11【ためいきのベルが鳴るとき/原由子】
フジテレビ系ドラマ『いまどき銀座物語ぼんぼん』主題歌

12【花咲く旅路/原由子】
JR東海「日本を休もう」キャンペーンCMソング
2002年コカ・コーラ「まろ茶」CMソング
2009年12月ソフトバンクモバイルCM

13【想い出のリボン/原由子】

14【少女時代/原由子】
日本テレビ系アニメ『YAWARA! a fashionable judo girl!』三代目エンディング
「少女時代/斉藤由貴」のセルフカバー

15【涙の天使に微笑みを/原由子】
NHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』主題歌

16【みんないい子(わるい子ヴァージョン)/原由子】

2002年リリース

チョコ
2002年3月には、カバーアルバム「東京タムレ」をリリースして、「最高位4位」「2002年度年間77位」、日本レコード協会認定の「プラチナディスク」を獲得しているね。
「サザンオールスターズ」では、ギターの「大森隆志」が2001年8月に正式に独立を発表して脱退し、それに合わせて「サザン」は活動休止となり、メンバー全員が「ソロ活動」中のことで、「桑田佳祐」は2002年9月にはアルバム「ROCK AND ROLL HERO」、11月にはベストアルバム「TOP OF THE POPS」をリリースする直前だったので、このアルバムではデュエットやコーラスで参加しただけでプロデュースはしなかったみたい。
きなこ
もも
「桑田佳祐」の「TOP OF THE POPS」リリースによって「サザン」のソロ活動が全て一段落した形になり、翌2003年の前半は充電期間として活動を休止して休養したあと、7月リリースの「涙の海で抱かれたい ~SEA OF LOVE~」で約2年半ぶりに「サザンオールスターズ」は活動を再開させたんだって。

アルバム『東京タムレ』

1stカバー・アルバム
2002年3月23日リリース
週間4位(オリコン)
2002年度年間77位(オリコン)
プラチナ(日本レコード協会)

1【太陽は泣いている/原由子】
「太陽は泣いている/いしだあゆみ」のカバー

2【愛のさざなみ/原由子】
「愛のさざなみ/島倉千代子」のカバー

3【私と私/原由子】
「私と私/ザ・ピーナッツ」のカバー

4【東京タムレ/原由子】
「東京タムレ/渚エリ」のカバー

5【夏の日の思い出/原由子】
「夏の日の思い出/日野てる子」のカバー

6【生きがい/原由子】
「生きがい/由紀さおり」のカバー

7【夜霧のわかれ道/原由子】
「夜霧のわかれ道/ザ・キューピッツ/ブルージーンズ」のカバー

8【学生時代/原由子】
「学生時代/ペギー葉山」のカバー

9【花のように/原由子】
「花のように/ベッツィ&クリス」のカバー

10【いつでも夢を/原由子】
2000年12月シャープ液晶テレビ「AQUOS」CMソング
「いつでも夢を/橋幸夫/吉永小百合」のカバー

11【川は流れる/原由子】
「川は流れる/仲宗根美樹」のカバー

12【天使の誘惑/原由子】
「天使の誘惑/黛ジュン」のカバー

13【今日の日はさようなら/原由子】
JR西日本「ひかりレールスター」CMソング
「今日の日はさようなら/森山良子」のカバー

14【もいちどタムレ/原由子】

15【花咲く旅路/原由子】
JR東海「日本を休もう」キャンペーンCMソング
2002年コカ・コーラ「まろ茶」CMソング
2009年12月ソフトバンクモバイルCM

2007年リリース

ジジ
2007年11月には、シングル「夢を誓った木の下で」を「ハラフウミ」名義でリリースし、「最高位26位」となっているよ。
「ハラフウミ」というのは、「原由子」と音楽グループ「風味堂」とのコラボレーション・ユニットで、「原由子」にとってはおよそ10年ぶりとなる「ソロ」でのシングルリリースとなり、コラボレーションシングルとしても10年ぶりとなったんだって。
とろ
そら
このころの「サザンオールスターズ」はどうだったかというと、2006年8月にシングル「DIRTY OLD MAN ~さらば夏よ~」をリリースし、ライブフェス「THE 夢人島 Fes.」に出演したあとの、「活動休止期間」ではなかったものの、「実質上の活動休止状態」のころで、2007年いっぱいまではメンバー個々に活動していた時期だそうだよ。

【夢を誓った木の下で/ハラフウミ】
2ndコラボレーション・シングル
2007年11月7日リリース
週間26位 (オリコン)
フジテレビ系ドラマ『スワンの馬鹿! ~こづかい3万円の恋~』主題歌
 【C/W オレンジジュース】
 【C/W 大好き!ハッピーエンド】
映画『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』日本語版主題歌

2009年リリース

モカ
2009年8月には、シングル「夢をアリガトウ」をリリースして、オリコンで「最高位5位」、ビルボード・ジャパンで「最高位1位」のヒット作となったんだよ。
「TOP10ヒット」としては、1983年リリースの「恋は、ご多忙申し上げます」以来のヒットとなったそうで、「ソロ」としては、「約25年10か月」ぶりの「TOP10」返り咲きとなり、「カーペンターズ」が歴代1位の記録を保持していた「シングルTOP10のインターバル記録」の「約22年1か月」を「13年9か月」ぶりに更新したんだって。
マロン
うに
この時期「サザンオールスターズ」は、2009年1月から「無期限活動休止」ということになっていて、各自が「ソロ活動」を行なっていたそうだけど、2005年10月リリースの「キラーストリート」では、「山はありし日のまま」「リボンの騎士 」の2曲で「原由子」がリードボーカルを取っているね。

【夢をアリガトウ/原由子】
15thシングル
2009年8月19日リリース
週間5位(オリコン)
週間1位(Billboard Japan Hot 100)
日本テレビ系水曜ドラマ『赤鼻のセンセイ』主題歌
コーセー「グランデーヌ ルクサージュ」CMソング
1983年の「恋は、ご多忙申し上げます」以来「約25年10か月」ぶりの週間TOP10返り咲きとなり「カーペンターズ」が歴代1位だった『シングルTOP10のインターバル記録』の「約22年1か月」を13年9か月ぶりに更新
 【C/W 潮風のエトランゼ】
 【C/W 私はピアノ(in Martin Club Live)】

2010年リリース

みかん
2010年6月に、2枚目のベストアルバム「ハラッド」をリリースして、「最高位3位」「2010年度年間56位」、日本レコード協会認定の「ゴールドディスク」を獲得しているんだ。
このアルバムの豪華なところは、「原由子」の「ソロ活動」からの選曲だけでなく、「サザンオールスターズ」で「原由子」がメインボーカルを取った曲や、「桑田佳祐」によって作詞作曲された書下ろしの新曲「京都物語」が加えられているところだよね。
ココア
プチ
7月4日には、単発のコンサート『原 由子スペシャル「はらばん」鎌倉ライブ』を行なっているけど、その直後の7月12日に「桑田佳祐」に「食道ガン」が見つかり、復帰までその治療のサポートに専念したそうだよ。

アルバム『ハラッド』

2ndベスト・アルバム
2010年6月23日リリース
週間3位(オリコン)
2010年6月度月間7位(オリコン)
2010年度年間56位(オリコン)
ゴールド(日本レコード協会)

Disc.1

1【京都物語/原由子】

2【恋は、ご多忙申し上げます/原由子】
資生堂「フェアネス」CMソング

3【鎌倉物語/サザンオールスターズ】

4【私はピアノ/サザンオールスターズ】

5【流れる雲を追いかけて/サザンオールスターズ】

6【Loving You/原由子】
ヤマハ発動機「パセッタ」CMソング

7【そんなヒロシに騙されて/サザンオールスターズ】

8【I Love Youはひとりごと/原由子】

9【シャボン/サザンオールスターズ】

10【横浜 Lady Blues/原由子】

11【いちょう並木のセレナーデ/原由子】

12【あじさいのうた/原由子】
映画『BU・SU』主題歌
OVA『眠れぬ夜の小さなお話』挿入歌
ダイハツ工業「ダイハツ・リーザ」CMソング

13【ためいきのベルが鳴るとき/原由子】
フジテレビ系ドラマ『いまどき銀座物語ぼんぼん』主題歌

14【ナチカサヌ恋歌/サザンオールスターズ】

15【愛して愛して愛しちゃったのよ/原由子 & 稲村オーケストラ】
三起商行発行の育児雑誌『マンスリー・ミキハウス』CMソング
映画『稲村ジェーン』挿入歌
オリジナルは1964年「愛しちゃったの/成田綾子」
「愛して愛して愛しちゃったのよ/和田弘とマヒナスターズ&田代美代子」のカバー

16【第三の男/原由子】
「ヱビスビール」CMソング
「The Third Man/Anton Karas」(イギリス映画/オーストリア)のカバー

Disc.2

1【ハートせつなく/原由子】
カゴメCMソング

2【恋の歌を唄いましょう/サザンオールスターズ】

3【じんじん/原由子】
ホンダ「ビート」CMソング

4【花咲く旅路/原由子】
JR東海「日本を休もう」キャンペーンCMソング
2002年コカ・コーラ「まろ茶」CMソング
2009年12月ソフトバンクモバイルCM

5【少女時代/原由子】
日本テレビ系アニメ『YAWARA! a fashionable judo girl!』三代目エンディング
「少女時代/斉藤由貴」のセルフカバー

6【ポカンポカンと雨が降る(レイニー ナイト イン ブルー)/サザンオールスターズ】

7【みんないい子(わるい子ヴァージョン)/桑田佳祐・原由子】

8【唐人物語(ラシャメンのうた)/サザンオールスターズ】
テレビ朝日系ドキュメンタリー番組『驚きももの木20世紀』テーマソング

9【涙の天使に微笑みを/原由子】
NHK連続テレビ小説『甘辛しゃん』主題歌

10【いつでも夢を/桑田佳祐・原由子】
2000年12月シャープ液晶テレビ「AQUOS」CMソング
「いつでも夢を/橋幸夫/吉永小百合」のカバー

11【リボンの騎士/サザンオールスターズ】

12【夢を誓った木の下で/ハラフウミ】
フジテレビ系ドラマ『スワンの馬鹿! ~こづかい3万円の恋~』主題歌

13【潮風のエトランゼ/原由子】

14【夢をアリガトウ/原由子】
日本テレビ系水曜ドラマ『赤鼻のセンセイ』主題歌
コーセー「グランデーヌ ルクサージュ」CMソング

15【想い出のリボン/原由子】

2012年リリース

ぽんず
2012年4月に、配信限定シングルとして「ウルワシマホロバ~美しき場所~」と「ヘヴン」を同時リリースしているね。
このあと、「無期限活動休止」だった「サザンオールスターズ」は2013年6月25日に「活動再開」を発表し、8月に「ピースとハイライト」をリリースして完全復活するんだよ。
むぎ
こむぎ
2015年3月リリースの「サザン」のアルバム「葡萄」でも、「ワイングラスに消えた恋」で「原由子」がリードボーカルを取り、「ほろ苦く切ない女心」を歌っているんだって。

【ウルワシマホロバ~美しき場所~/原由子】
1st配信限定シングル
2012年4月4日リリース
映画『ももへの手紙』主題歌

【ヘヴン/原由子】
2nd配信限定シングル
2012年4月4日リリース
映画『人生、いろどり』主題歌
大同生命CMソング

なつかしい思い出の曲を楽しもう!

おススメの音楽配信サイトなど

レコチョク

「レコチョク」は、音楽会社各社が参画する「ダウンロード購入」タイプの音楽配信サービスで、そのため幅広いジャンルにわたってラインナップが豊富であることや、「ハイレゾ配信」も行っており、「ストリーミング(サブスクリプション)」タイプや「CD/DVD」などよりも、「高音質」で聴くこともできます。

「ダウンロード」による「デジタルデータの購入」なので、楽曲のデータを消去してしまわない限りは、人気の「サブスクリプション」(定額料金で多数の楽曲が聴き放題になる)タイプのように、音楽配信が停止になって、いつのまにか聴きたい曲が「聞けなくなってしまう」ようなことがないのがいいところですね!

「自分の好きなアーティストの曲だけをたのしみたい人」「月額料金をずっと取られ続けるのが嫌な人」「聴きたい曲が決まっている人」「曲ごとやアルバムごとにお金を払う、ダウンロードタイプの音楽配信サービスがいい人」「全体の出費を抑えながら音楽を楽しみたい人」「曲のラインナップは豊富な方がいい人」にはおススメ!

AWA

「AWA」は、「エイベックス・グループ」と「サイバーエージェント」が手掛ける「音楽配信サービス」で、8000万曲以上が聴き放題になる「ストリーミング」型の「定額聴き放題(サブスクリプション)」ですが、大きな特徴は「プレイリスト」が豊富であることで、オリジナルの「プレイリスト」を作ることもでき、自分用にしたり公開してみんなに使ってもらうなどの使い方もできるほか、自分に合った「プレイリスト」を見つける「DISCOVERY」機能や、リアルタイムでジャンル別に人気曲を再生する「TRENDING」機能など、自分の好きな音楽を飽きずに楽しめる機能がたくさんあります。

月額1000円程度で全ての機能が制限なしで聴き放題になる「一般プラン」のほかにも、中学生以上の学生が半額以下になる「学生プラン」もあり、どちらも初回1か月分が無料になるのでお得で好評ですし、意外とよく使い便利なのが「歌詞表示機能」で、再生箇所がハイライト表示されるので、とくにカラオケ好きにはうれしいですし、「オフライン再生可能で圏外でも音楽が聴き放題」「車の中で楽しむためのCarPlayに対応」「検索機能が強力で優秀」なのも、とても魅力的!

「1か月の無料トライアルで試しに使ってみたい人」「使い勝手のよい音楽配信サービスに魅力を感じる人」「購入ではなく定額聴き放題のサービスがいい人」「自分にフィットした音楽が聴きたい人」「じっくり聴くというより聞き流して楽しみたい人」「自分のプレイリストを公開したり他の人のプレイリストを聴いてみたい人」「検索機能が優秀な音楽配信サービスを探している人」「どこの音楽配信サービスを使おうか迷っている人」「定額聴き放題で大切なのはプレイリストだと思う人」には、非常におススメ!

e-onkyo music

「e-onkyo music」は、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データであり、CDでは聴こえなかった微細な表現も楽しむことができる「ハイレゾ音源」だけを扱う、「日本のハイレゾ音源配信の元祖」ともいえるサイトであり、「mora」とともに「ハイレゾ音源」を購入できる国内の「2大配信サイト」と言われています。

ほかの音楽配信サイトでは、「ハイレゾ」と「非ハイレゾ」の音源が混在しており、購入時には間違えないように注意が必要になりますが、「e-onkyo music」であれば、超高音質の「ハイレゾ音源」だけを選ぶことができるのは大きな魅力!

配信形式が豊富なことも特徴で、中には同一作品で「音質違い」が用意されている場合もあるので、環境や好みに合わせて選ぶことができるのも強みであり、ジャンルは「オールジャンル」といっていい充実ぶりで、取り扱う楽曲の数も多いので、「いろいろな環境で聴きたい」「超高音質を楽しみたい」なら「e-onkyo music」はいい選択になるでしょう。

Tower Records

「Tower Records(タワーレコード)」は、アメリカ生まれの大手CDショップチェーンで、日本でもレコード全盛の時代から「NO MUSIC, NO LIFE.」のキャッチコピーで知られ、音楽の購入方法がダウンロードやストリーミングなどに中心が移ってしまった今でも、音楽の実店舗としては「No.1」であり、現在も「CD」「DVD」「書籍」などを販売していて、コアなファンも多くいます。

「Rock」「Pops」は言うに及ばず、「Classic」「Jazz」「Fusion」など幅広いジャンルにわたって品ぞろえは豊富で、さまざまな「音楽情報」「タワーレコード限定商品」「オンラインショップ限定特典」などもあり、「CD」「DVD」や「音楽系の書籍」「グッズ」などをよく買う方にとっては、魅力的な専門的なショップです。

「昔ながらのレコードやCDを買いたいという音楽ファンの人」「CDやDVD・ブルーレイなどで音楽を聴きたい人」「レコードやCDでの音質にこだわる人」「タワーレコード限定グッズやオンライン限定特典に魅力を感じる人」「インターネットに詳しくはないが音楽好きな人」「ジャケットを見ないと音楽を聴いた気にならない人」などには非常におススメ!

コロムビアミュージックショップ

「コロムビアミュージックショップ」は、日本有数の老舗レコード会社である「日本コロムビア」の公式通販サイトで、「演歌」「歌謡曲」から「J-POP」「ロック」「クラシック」「ジャズ」「アニメ」「特撮もの」や「キッズ」「ファミリー」など、幅広い「年代」「ジャンル」にわたる「音楽に関わる商品」を販売しています。

歴代の人気アーティストの作品を取り揃えており、市販されている「CD」や「DVD」「Blu-ray」をはじめとし、「通販限定CD-BOX」や「グッズ」「フォト」「オリジナル特典つきCD」などの「限定もの」のほか、「レコード」「カセット」までもあるなど、「コロムビアミュージックショップ」でしか手に入らない商品が多数購入できるのは、「音楽好き」にはとても魅力的!

「音楽が好きな人」「昔のヒット曲を集めた企画もののCDを探している人」「好きなアーティスト関連のグッズが買いたい人」「コレクションしているアーティストがいる人」「なつかしのアーティストの楽曲や写真・映像を楽しみたい人」には、非常におススメです!

ライブ映像やタイアップを楽しむ

ライブ・ドラマ・映画が楽しめるおススメVOD

Hulu

「hulu」は、「コスパ」が非常によく「配信作品数」も多い優秀な「動画配信サービス(VOD)」で、ドラマや映画の配信以外にも「テレビの人気バラエティ番組の見逃し配信」や、「日米英ニュース」「音楽」「ドキュメンタリー」「スポーツ」なども充実しており、そのラインナップには満足する人が多いでしょう。

最新作映画の配信はほとんどなく、最新のドラマも配信されていないものがありますが、「すべてが見放題作品」なので追加料金が発生せず、「hulu」でしか観られない「オリジナル・コンテンツ」も豊富で、いろいろなデバイスで動画を見ることができるなど、「使いやすさ」と「満足感」「月額コスト」のバランスが高いのが魅力的!

「海外ドラマを見たい人」「有料作品による追加料金を取られたくない人」「見逃してしまったバラエティ番組を楽しみたい人」「近所のレンタル店に行くのが面倒な人」「VODにあまりお金をかけたくない人」「毎月かかるお金は定額の方がいい人」「とにかくたくさん映画やドラマを見る人」には、非常におススメ!

U-NEXT

「U-NEXT」は、他の「動画配信サービス(VOD)」に比べて圧倒的に多い、国内最大の映像作品数を誇り、最新作以外にも「別途レンタル課金」が発生する作品もあるものの、20万本以上ある映像コンテンツのうち約18万本が見放題で、さらにユーザーは毎月「動画レンタルや電子書籍購入などに利用できるポイント」がもらえるので、月に2~3本の最新映画が実質無料で視聴できます。

「月額料金」はかなり高めの設定ですが、「新作映画」や「ドラマの最新作」の配信が早く、「コンテンツの質と量」や「機能面」も申し分ない充実ぶりである上に、「80誌以上の雑誌」や「マンガ」などの「電子書籍」が「読み放題」になるなど、積極的に使いこなせれば、かなり「コスパ」を高くすることができて魅力的!

「ファミリーアカウント機能を使って家族で利用したい人」「原作漫画とアニメ作品をダブルで楽しみたい人」「動画を見るとき倍速再生をよく使う人」「洋画・邦画・TVドラマ・アニメ・漫画・雑誌・書籍を一つで完結させたい人」「毎月映像作品をたくさん見る人」「ラインナップの豊富なVODがいいと思う人」「高めの月額料金分をしっかり活用できる人」にはおススメです。

dTV

「dTV」は、数ある「動画配信サービス(VOD)」の中でもとくに安い「月額料金」で、12万本以上の作品を見ることができる、「高コストパフォーマンス」の「動画配信サービス(VOD)」です。

「レンタル作品」は、「見放題作品」とは違い「別途に個別料金が発生」し、「視聴期間も限られている」のでちょっと注意が必要ですが、全ての動画のダウンロードができ、「オフライン再生」に完全対応しているのはとても便利で、視聴中に止まったり、引っかかったりすることがないため、快適に動画が見られます。

値段に対して作品数が充実しており、とくに「音楽系」に強いので、「懐かしい主題歌やタイアップ曲を聴いていたら当時のドラマを見たくなった」「昔見た映画の主題歌だったのを思い出した」「とにかく安く済ませたい」「オフラインで動画を楽しみたい」「音楽系の動画が見たい」という人にはおススメ!

Tsutaya TV

「Tsutaya TV」は、「TSUTAYA」のグループ会社が運営する「動画配信サービス(VOD)」であり、旧作だけならば定額で約1万タイトルが見放題ですし、毎月1100円分のポイントがもらえて、見放題のラインナップにはない個別課金の新作タイトルを2本分ほど視聴できるなど、ユーザーインターフェースの使いにくさは少々難ではあるものの、定額の「動画見放題プラン」はけっこうお得に利用できます。

見放題のラインナップが少し少なめなのを補ってくれるのが「TSUTAYA DISCAS」であり、宅配サービスで1ヶ月につき8枚まで「DVD」「CD」の全商品がレンタル可能になり、9枚目以降も「旧作DVD」と「CD全商品」が借り放題で楽しむことができるので、「DVD」「CD」の宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」と組み合わせたプランにすればとても便利で、連携させることで力を最大限に発揮するでしょう。

「動画配信されている作品だけでなく『DVD』などでも映像作品を楽しみたい人」「映画やドラマの主題歌や挿入歌を『CD』で聴きたい人」「旧作だけでなく『新作』『準新作』もいち早く視聴したい人」「動画配信もレンタルもフル活用する自信がある人」には、とてもおススメです!

music.jp

「music.jp」は「音楽配信」だけでなく、「動画配信」と「電子書籍」も一緒に楽しめるサービスで、「動画配信」の作品数は国内最大級の18万本以上と充実しており、満足いくラインナップです。

他のVODなどと違うのは、音楽と書籍は「購入」、動画は「レンタル」となり、月額料金を「ポイント」に変えて、デジタル作品を通常よりも安く「購入」「レンタル」することができるというところ。

月々もらえるポイントを全部使ってしまえばそれ以上は「課金」になり、「定額で見放題」などではないですが、「ポイント」は多めにもらえますし、「音楽作品」「映像作品」「電子書籍」を一緒に楽しめるのは、「映像作品とテーマソングや原作をリンクして楽しみたい人」には大きなメリットと言えるでしょう。

 

-女性アーティスト

テキストのコピーはできません。